鍵が固くて回らないのはなぜ?理由を解説!

キーが固くて回転しない状況に遭遇したことはありますか?

キーが回っていなければロックを解除することはできませんので、あなたが何をすべきかに迷っていることがあります。

あなたが鍵を持っていてもドアを開くことができないのは残念です。

キーが回らない理由はいくつかあり、そのうちのいくつかは個人的な力を扱うことができます。

適切な救済方法を使用する場合は、鍵の向きを変えやすくする必要があります。

今度は、なぜ鍵が変わらないのか、どう対処するのかを説明します。

キーは微妙なので、注意深く扱ってください。

私は鍵をかけますが、それは変わらないでしょう…原因は何ですか?

キーがこだわるが、変わらないような現象の原因はどこですか?

まず第一に、理由がわからないキーがあるかどうかを見てみましょう。

・ごみが溜まっている

鍵穴に砂やほこりなどのごみが溜まると、鍵と鍵穴との噛み合いが悪くなり、鍵が回転しにくくなることがあります。

定期的にキーホールやキーをきれいにして、キーホールにゴミが溜まらないようにしてください。

・潤滑油が減少している

キーを長時間使用すると、キーホール潤滑剤が磨耗します。

その場合、キーが引っかかりやすくなり、キーが回りにくい場合があります。

この場合、キーホール専用の潤滑剤を使用してキーのスリップを改善することができます。

キーが回らないときに何をすべきか

キーがついていても回っていない場合、どのような対応が必要ですか?

この項目では、キーが回らないときの対処方法について説明します。

・キーをきれいにしましょう

キーのキーホールや汚れによりキーが回らない場合は、一度クリーニングする必要があります。

真空掃除機やエアーダスターなどでキーホールにゴミを吹き飛ばしたり、歯ブラシでキーを掃除しましょう。

・キーホール専用の潤滑剤

鍵穴などのほこりをエアーダスターなどで取り除いた後に使用しているキーホールに適した少量のキーホール専用潤滑剤を使用すると、キーが滑りやすくなり、回転しやすくなります。

このとき、通常の潤滑油や油をキーホールで使用すると誤動作の原因となりますので絶対使用しないでください。

・鉛筆で行動する

鉛筆の芯に含まれる黒鉛は、金属部分に付着すると潤滑剤としての役割を果たす。

したがって、鉛筆でキー溝や黒を塗り、鍵穴に挿入すると、キーが回り込むことがあります。

また、作業後に組織で拭きましょう。・業者に修理させる

上記の対策を行ってもキーが回らないと、ロッカーが走行します。

電話でリクエストする場合は、すぐに現場に到着して問題を解決する必要があります。

このように、ロッカーはすべての重大な問題に対処できるので、最も近いキーストアを事前に調べることをお勧めします。

・強制的に回転しないでください!

強制的に鍵を回そうとすると、鍵が壊れる危険性があります。

鍵穴に入った鍵の破損は、抽出が非常に困難です。

このような場合は、鍵穴自体を交換するだけで済みますので、うまく動作しないため、絶対に電源を入れないでください。

鍵にも生涯があります!

交換時期の目安は何ですか?

時間の経過と共にすべてが低下し、鍵も例外ではありません。

一般的に、鍵となる人生の種類ごとにおよそ10年が粗い基準であると言われています。

また、電子錠の寿命は約7年であり、一般的な鍵穴よりも短く見える。

10歳以上のキーを使用していて、キーにこだわっていても回っていないキーを使用している場合は、その原因による経年変化が考えられます。

この場合、清掃などをしても、キーの不具合が治癒する可能性は低くなりますので、キーの交換を検討してみましょう。

また、空き地の採取技術は毎年改善されており、購入時に安全性が高いと言われる鍵は、10年以上後に空きバスケットに簡単に壊れてしまう可能性があります。

キーを新しいものと交換すると、空の鳥から家を守ることができます。

鍵を交換するとセキュリティについて考えてみましょう!

キーが劣化して劣化しても、キーが回らない場合は、キーを変更する必要があります。

鍵を交換している場合は、安全性の高い鍵を選択しましょう。

キーを交換する場合は、 “Dimple Cylinder Tablets”のように選択が難しいキーを選択しましょう。

この鍵穴は構造が複雑であるため、ピックアップが困難であるという特徴があります。

磁力の性質を活かした「マグネットタンブラーシリンダー錠」は、安全性の高い予防とも言われています。

一般的な鍵穴を使用するのではなく、パスワードまたは指紋認証でロックを解除する電子ロックに変更することをお勧めします。

安全性が高い鍵を持ち歩く必要はないというメリットがありますが、一般的な鍵穴よりも寿命が短いと言われています。

長所と短所を理解した上でキーを交換しましょう。

まとめ

キーがついても回転しない状態になると、キーホールに溜まった埃や潤滑剤不足の原因などがあります。

鍵穴は正確ですので、絶対に絶対に絶対に掃除しないでください。特殊な潤滑剤を使用してください。

キーが回らない理由の一つに、経年劣化もあります。

同じ鍵を10年以上使用している場合は、鍵を交換しましょう。

拾いにくいキーを交換すると、キーを回すのが簡単になるだけでなく、犯罪防止も向上します。

さらに、キーの交換は、自分で行うことができる作業ですが、失敗した場合は、ドアが閉じないなどの問題が発生する可能性があります。

キーを安全に交換するには、業者に依頼することをお勧めします。

関連記事

ページの先頭へ