マンションの鍵を変えるルールを知っておこう

賃貸物件を契約するときは、不動産会社から「鍵交換手数料」が請求されることがあります。

これは文字を読むのと同じように鍵を交換するコストです。なぜリースで鍵を交換する必要がありますか?

さらに、やむを得ない事情でリースの鍵を交換する機会があります。

その場合、借り手と貸し手のどちらが鍵交換の費用を負担すべきですか?

それはトラブルに発展するお金の問題なので、しっかりと理解したいです。

したがって、この記事では、リースの主要な交換ルールと費用の見積りをまとめました。

レンタルで鍵を交換したい人や、今からレンタルプロパティに登録しようとしている人は、参照してみてください。

キーを家賃と交換するのが本当に良いですか?

最初に、リースに鍵交換が必要なのはなぜですか?

同じ鍵を使用すると、建設コストなしで簡単になると思うかもしれませんが、鍵を交換しない防犯行為です。

鍵を交換しない場合、前の住民が使用したのと同じ鍵を引き続き使用します。

その場合、元住民は鍵を使用して賃貸契約を侵害することができます。

鍵が悪用されると、犯罪に巻き込まれることは避けられません。

鍵交換自体は義務ではありません。

ただし、セキュリティ面を考えると、可能な場合は鍵を交換する必要があります。

貸し手によっては、複数のキーを回転させているかもしれません。

あなたが懸念している場合は、貸し手に鍵について質問しましょう。

紛失した場合の鍵交換が必要

家の外で鍵を失った場合でも、鍵を変更する必要があるかもしれません。

鍵が落とされた場面に居場所が存在する場合、空の猟犬は尾などによって所有者の住所を識別し、その鍵を使用して入り口から永遠に盗むことができる。

賃貸の鍵を紛失した場合は、鍵の有無にかかわらず、紛失の有無を警察に通知してください。

紛失登録の提出が完了したら、貸し手に鍵が失われたことを伝えてください。

失われた鍵が戻ってこない場合は、最後に鍵自体を交換する必要があります。

さらに、一部の貸し手は主要業者と契約を結んでいる。

したがって、鍵機関に無断で電話をしたり、貸し手と相談したり、鍵を交換したりしないでください。

家賃の鍵交換を行うのは借り手ですか?

貸し手?

これまで、リースで鍵を交換する必要性について説明しました。

その後、実際にレンタルする際にキーを交換するとき、借り手と貸し手のどちらが費用を負担するのですか?

実際には法的決定はありません

国土交通省は、借手の借り手が借手の借り手を去った時点で問題を起こさないように、元の状態に戻すためのトラブルと指針を出している。

これは、退室時などに必要な諸費用の負担に関する規則です。

このガイドラインによれば、破損していないか紛失していない鍵交換は、貸し手が負担すると言われています。

しかし、これは最後のガイドラインであり、法的執行はありません。

したがって、それは貸し手が提供する契約の詳細、鍵交換の費用を負担する人に依存します。

このような状況の結果、借り手は入居時に鍵交換の費用を支払うのが一般的です。

ただし、交渉によっては貸し手が負担する可能性があります。

契約内容を確認した後、鍵交換のコストについて交渉することをお勧めします。

家賃の鍵交換に関する注意を確認しましょう

ここから、リース時の鍵交換に関する注意事項を紹介しましょう。

以下の項目に記載されている事項を守らないと故障の原因となります。

・許可なくキーを交換しないでください

自分でキーを交換できる人でも、賃貸物件の許可なくキーを交換しないでください。

許可なしに貸し手と鍵を交渉すると、火災などの緊急事態が発生した場合に貸し手が家に入ることはなく、その結果被害が広がる可能性があります。

・鍵の喪失による鍵交換は、借手の責任である

契約時の鍵交換は、交渉費用によって貸し手が負担することができます。

ただし、キーを紛失したために借り手が鍵交換の責任を負うため、借り手は費用を負担することになります。

また、セキュリティを強化するために鍵を交換しても、借り手は費用を負担します。・保険の内容を確認する

入居時には、火災保険や家財道具の保険加入が推奨されますが、これらの保険は、主要な交換負担の負担を軽減することができます。

ただし、一部の保険会社は保険の対象とならない場合がありますので、注意してください。

例えば、損失による鍵交換は、しばしば範囲外です。

火災保険や家財保険は、空きハウンドによって破壊されたドアの鍵と鍵交換なしでは開かれていない鍵の開錠に主に対応している。

鍵を引き換えるにはどれくらいの費用がかかりますか?

それを安くする方法はありますか?

これまでの説明では、キーをリースと交換する負担を理解していると思います。

もしそうであれば、実際に鍵を交換するときには費用がかかるでしょう。

したがって、この章では、鍵交換のコストと注意事項を紹介します。

鍵交換のコストは、鍵のタイプによって異なります。

基本的には、それが高性能のキーなので、より効果的になると考えることができます。

鍵交換の為替レートは以下の通りです。

鍵交換手数料

・一般キー:約12,000円〜17,000円

・ディンプルキー:約15,000〜21,000円

・電子ロック:約2万円~35,000円

このように、家賃の鍵交換手数料は約15,000円〜35,000円です。

上記のように、通常のドアとオートロック機能付きのドアとで価格が異なるため、あらかじめ家のドアを確認してみましょう。

さらに、貸し手の許可を撤回することができれば、あなた自身で交換することができます。

コストを低く抑えたい場合や、業者を自分で選択したい場合は、貸し手と一度相談してください。

安全性の高いディンプルキーによる交換

レンタルで鍵を交換する場合は、できるだけ高い防犯力を持つ鍵を構築したいと考えています。

キーにはいくつかの種類がありますが、それらの中でもセキュリティ保護の高い「ディンプルキー」を採用することをお勧めします。

表面の丸い装飾を特徴とするディンプルキーは、ピッキングによって解錠することが非常に困難である。

費用が高くなるという不利な点がありますが、犠牲者被害を受けない防犯の高い家になると考えれば、募集する価値があります。

また、DIYがキーを交換することは可能ですが、失敗するとドアが閉じないなどの問題があります。

それはリースなので、私はそのような間違いを防止したいので、あなたの腕に自信がない場合は、ロッカーに鍵を交換するよう依頼しましょう。

まとめ

賃貸料の主要な交換手数料は、入居する前に貸し手が負担するのが一般的であり、借り手は借り手の責任を負います。

ただし、契約については、入居する前に借り手が負担することがありますので、契約の内容をしっかりと確認してから交渉しましょう。

また、失われた鍵のために鍵を交換する場合は、事前に貸し手に知らせてください。

許可なくキーを変更すると、緊急時に貸し手がロックを解除できなくなり、返済できない状況に陥る可能性があります。

鍵交換手数料などの経費負担についてはトラブルが発生する傾向があります。

貸し手と借手の間で確実に交渉して、両当事者に説得力のある契約を結ぶことが最善です。

関連記事

ページの先頭へ